ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業>ストーンネット

■自然石護岸工(石張り)

ストーンネット工法
スペーサー

−自然石固着金網工法−

ストーンネット工法とは、自然石と耐久性のあるネット(金網や樹脂メッシュ)を特殊製法により連結した「ストーンネット」を川や池の護岸や河床に敷設し覆土を行う、治水の安全性を確保した経済的で水辺の生態系にもやさしい自然石護岸工法(連結)です。

「平成22年度 準推奨技術(新技術活用システム検討会議(国土交通省))」および「設計比較対象技術」に選定されています。
 
石張り護岸 施工例
ストーンネット 佐梨川
新潟県 佐梨川 標準タイプ350型

石張り護岸 単体写真
ストーンネット 単体写真

石張り護岸 単体写真
ストーンネット 標準断面図
  スペーサー
■旧NETIS登録番号
■ARIC登録番号
CB-990033-V
162
■公的機関による水理特性値取得
スペーサー

●乱張り構造が水辺の生態系を保全
●現地の景観に調和
●自然石の温かみのある親水護岸を形成
●フレキシブル構造が河岸に対応
●優れた施工性 敷設面積が4m2
●発生材を活用した現場製作が可能
●水中施工が可能


石張り 標準タイプ
自然石をネット(金網や樹脂メッシュ)の全面に固着させたタイプです。

>>標準タイプ

石張り セービングタイプ
自然石をネット(金網や樹脂メッシュ)に粗配置で固着したタイプです。重量は標準タイプに比べ50%になります。

>>セービングタイプ

階段ブロック 階段タイプ
御影石を割肌仕上げで階段状に加工し、金網と一体化したタイプです。平石タイプ・飛石タイプもあり、優れた親水機能を発揮します。

>>階段タイプ

ブロックマット系 樹脂メッシュタイプ
樹脂メッシュに栗石を固着したタイプです。護岸法面の侵食を防止する工法として最適です。

>>樹脂メッシュタイプ


>>天然素材が生態系に良い理由
>>工種別のご提案
  ビオトープ 災害復旧 ため池 調整池
砂防指定地内河川 水路 ホタル水路 
水辺の楽校 親水護岸 法面保護工
 

ページの先頭へ▲


  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ