TOP

「輻射熱」って何だろう?


ぽかぽか暖かい太陽・・・そういえば、なんで暖かいんだっけ??

 太陽にあたると暖かい。それは知ってるけど・・・。空気も水もない宇宙空間を通ってくるのに、どうやって熱をもたらしているのでしょうか? その正体は輻射熱なのです!

イラストレポ内容-太陽からの輻射


輻射熱はどうやって起きるの??
分子でできている

 太陽もたき火も直接あたらないと熱く感じないですよね。その理由は、太陽やたき火から発する遠赤外線が、 物体に当たるときにその物体の分子を震わせて熱を起こしているからなのです。


遠赤外線は高いから低いへ

 あらゆる物体は遠赤外線を発していて、接触していない2つの物体があると、高温の物体から低温の物体の方へ遠赤外線が移動します。 そのときに、低温の物体の分子を震わせて温度を上昇させるのです。これが輻射熱の原理です。



え!?私たちも遠赤外線を出している!?
トンネル

 人の体からも遠赤外線が出ています。トンネルに入るとひんやり涼しいですよね。私たちの体から冷たいトンネルの壁に向かって遠赤外線が出ており、 熱がトンネルの壁に向かって移動するため涼しく感じるのです。輻射熱は暖めるだけではなく、涼しくする作用もあるのです!


身近な存在

※モリナガ・ヨウさんのイラストレポは、環境土木製品の「水辺と石のお話」でも掲載しております。


輻射式冷暖房についてはコチラ
『輻射熱って何だろう?』パンフレットはコチラ
環境エネルギーTOPに戻る