ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業>ストーンパネル工法

■自然石で修景する残存型枠工法

自然石で修景する残存型枠工法 ストーンパネル工法
スペーサー

−自然石で修景する残存型枠工法−

ストーンパネル工法とは、自然石を特殊製法でパネル化した製品を使用し、砂防堰堤や擁壁・河川護岸等のコンクリート構造物が、周辺の自然景観に調和する残存型枠工法です。
NETISの新技術活用評価会議で「設計比較対象技術」に選定されています。

既設修景工 施工例
国交省_白川第二砂防堰堤

単体写真
単体写真

標準断面図
標準断面図

  スペーサー
■旧NETIS登録番号 KT-060105-V
スペーサー

●自然石を活用&美しい景観
自然石の乱張構造の残存型枠であるため、美しく自然な構造物が施工できます。表面はコンクリートが表面に見えない小レキ仕上げとなっております。

●経済性
製品をシンプルな構造にし、従来の自然石を使用した残存型枠と比べ、コストの低減を実現しています。

●施工性向上
製品の標準寸法が縦横1mと扱いやすく、固定は溶接で簡単に行うことができます。施工性向上により工期の短縮がはかれます。




「ストーンメイキング本石張タイプ」はこちらへ
 
 
規格
規 格

基本形状(mm)

基準数量
標準仕様 W1,000 x H1,000 x H130 自然石φ200内外 1個/m2

自然石付き特殊かごマット 施工例
スペーサー
高知県 虎杖川
高知県 虎杖川

 
国交省 白川第二砂防
国交省 白川第二砂防

鹿児島県 米ノ津川
鹿児島県 米ノ津川
 
国交省 肱川長浜堤防
国交省 肱川長浜堤防


ページの先頭へ▲


  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ