ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業天然素材の効果>水質浄化効果
水質浄化効果
生物膜の付着状況
●生物膜の付着状況
  一定の大きさ以上の自然石を使うことにより、礫間接触酸化法の欠点である目づまりを防ぐことができます。この為、自然石間の微生物による水質浄化効果が長く続きます。また、自然石を使って早瀬や落差部を設けることにより曝気効果による浄化も期待できます。
スペーサー
礫間接触酸化法とは、接触酸化ろ過材としての自然石が汚濁物質と接触することにより沈殿あるいは吸着を起こし、また自然石の表面に形成された細菌・藻類・原生生物などの微生物から構成される生物膜によって、有機物質の分解を促進させる方法です。   自然石を利用した工法1






  自然石を利用した工法2

ページの先頭へ▲
 天然素材の効果へ▲

  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ