ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業天然素材の効果

CO2排出量を削減

CO2排出量が削減できます
CO2削減イメージ:約80%のCO2を削減可能,毎年一定量のCO2を吸収  

現在、地球温暖化の原因として話題になっているCO2は、河川・海岸などの工事を行なう際にも発生しています。 資材運搬時のトラックや、建設機械(クレーンなど)の運転、資材の製造作業中にも CO2は発生し、中でもコンクリート系資材の製造時には多くのCO2を排出します。

しかし、コンクリートの代わりに自然石を主材料として活用することにより、 約40〜80%のCO2の排出を削減することができます。

また自然石を使うことにより緑化も進み、CO2の吸収も見込めます。




なぜCO2排出量を削減しなければならないか?

主要な温室効果ガスであるCO2濃度が増すことにより、地球上の気温が上昇し、気象の変化や海面上昇など、地球環境に悪影響を及ぼします。

2008年4月から、先進国に温室効果ガスの排出削減を義務付けられた京都議定書「約束期間」が始まりました。
日本は2013年3月までの5年間平均で90年度比6%削減を義務付けられています。

土木分野においても、施工方法、材料調達の観点よりCO2排出量削減に努めなければなりません。



おもなCO2排出量削減工法
 
ストーンネット 製品ページへ
 

 > CO2排出量比較表
         
ラップストーン 製品ページへ
 

 > CO2排出量比較表
         
エスタロック 製品ページへ
 

 > CO2排出量比較表
         
ザウルロック 製品ページへ
 

 > CO2排出量比較表
         


ページの先頭へ▲
 天然素材の効果へ▲


  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ