ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
home河川・砂防・水路事業工種別のご提案

親水護岸の概要

親水のはじまり
1965年頃に河川敷を公園空間として利用することが提唱された後、1970年の土木学会(第25回)において河川が備えるべき機能として「流下機能」「治水機能」とならんで、人々が水に親しみ楽しめる「親水機能」が提唱されました。以来、河川や海岸などの水の環境利用として使用する場合に、「水に親しめる状態を表すもの」として使われるようになりました。大辞林(三省堂刊)には「水との親和性があること。水に親しむこと。」と定義されています。
東京都都市計画用語集では、親水公園を「都市の海や河川などの周辺を市民に開放し、水に親しむ機能を持たせた園緑地」として定義されています。
  施工例 逆井公園
千葉県 逆井公園 ストーンネット

施工例 川内地区
徳島県 川内地区
ラップストーン ストーンネット

スペーサー
 
施工例 明後沢水路
岩手県 明後沢水路 ストーンネット

親水護岸施工例 中津山親水護岸
国土交通省 中津山親水護岸
ストーンネット
  施工例 大塚池
香川県 大塚池 ストーンネット

親水護岸施工例 明後沢水路
山口県 剣川
ラップストーン ストーンネット
  施工例 東北川
滋賀県 東北川 ログバスケット

ページの先頭へ▲ 工種別のご提案へ▲

  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ