ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
home河川・砂防・水路事業工種別のご提案

水辺の楽校概要・実施例1

水辺の楽校プロジェクト
水辺の楽校プロジェクトとは、地域の身近な自然空間における河川において、子どもたちが自然体験の場として活用できるよう、自然の状態を極力残しつつ、必要に応じてアクセス施設の整備や水辺に安全に近づけるよう河岸の整備等を行うプロジェクトです。
水辺の楽校プロジェクトは平成8年からはじまり、平成14年度までに全国で220箇所が「水辺の楽校プロジェクト」に登録されました。また、国土交通省では水辺の楽校プロジェクト以外にも子供達が水辺で親しめるよう様々な試みを行なっているようです。
  水辺の楽校 尻別川
北海道 尻別川
ストーンネット ラップストーン
水辺の楽校実施例
岩手県の稗貫川の水辺の楽校ではストーンネット工法を使用して水路をつくりました。自然石を利用することによりふるさとの清流にふさわしい景観となり、さらに現地に遡上してくるアユ等の棲みやすい環境を整えることができました。また、御影石を加工したストーンネット階段タイプを設けることにより、水辺に安全に近づけるようになりました。

>>ストーンネット工法
>>製品一覧
  水辺の楽校 稗貫川
岩手県 稗貫川
  水辺の楽校 稗貫川
岩手県 稗貫川

水辺の楽校 稗貫川
岩手県 稗貫川
 
水辺の楽校 鵡川
北海道  鵡川
水辺の楽校 鵡川
北海道  鵡川
鵡川では安全性を確保しながら川の危険な側面も含めていかに川と付き合い、親しんだらよいか学習してもらえる施設にするために、ワンド等を設けました。ワンド部や護岸部には玉石を使用したストーンネットが採用されました。

>>ストーンネット工法
 
スペーサー
 
水辺の楽校 秋山川
栃木県 秋山川 ブロックネット
水辺の楽校 最上川
山形県 最上川 ストーンネット
水辺の楽校 最上川
山形県 最上川 ストーンネット

ページの先頭へ▲
 工種別のご提案へ▲

  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ