ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業>ラップストーン

■石積み擁壁工

石積み擁壁工 ラップストーン工法
スペーサー

−アンカー式空石積み工法−

ラップストーン工法とは、自然石に窄孔を設けアンカー材とストッパーパネルを控え部材として一体化し、裏込材で埋戻しながら急勾配に積み上げる石積み護岸擁壁工(連結自然石)です。財団法人土木研究センターによる建設技術審査証明を受けております。(建技審証第0508号)

石積建設技術審査証明
石積み擁壁工 施工例
石積み擁壁工 東京都 養沢川
東京都 養沢川 500型
>>ラップストーン工法の施工例

石積み擁壁工 単体写真
石積擁壁工 単体写真

石積擁壁工 標準断面図
断面図

適用条件
流 速 〜8.0m/s程度
法勾配 1:0.3〜1.0
工 種 河川,ため池,調整池,水路等
  スペーサー
■旧NETIS登録番号
■ARIC登録番号
KT-990510-V
163
スペーサー


●多孔質な構造が生態系に配慮
従来の石積み擁壁に比べ、製品間の空隙が魚やカニ等が生息できる多孔質な護岸をつくります。 魚巣機能もあります。

●優れたの強度
空石積構造でありながらアンカーの効果で、従来の練石積み擁壁と同等程度の強固な護岸をつくります。

●災害復旧の石積みとして最適
『災害復旧工事の設計要領』に「アンカー式空石積み工」として施工歩掛りが掲載されております。『美しい山河を守る災害復旧基本方針』に基づく工法では石系・自然石(空)、アンカー式空石積に該当します。

●リサイクル
前面自然石には老朽化した自然石護岸の石材や現場発生材を利用することも可能です。

●現場製作も可能
製品の現場製作も可能です。

●周囲の景観に調和
護岸のカーブや法勾配の変化に柔軟に対応でき、温かみのある自然石を活用しているため、周囲の景観を壊すことがなく、自然な景観を創ります。


>>天然素材が生態系に良い理由
>>工種別のご提案

  ビオトープ 災害復旧 ため池 調整池
砂防指定地内河川 水路 ホタル水路 
水辺の楽校 親水護岸
 
 
擁壁工 規格 【法勾配1:0.5の場合】
規 格 形 状(mm) 裏込材(割栗石) 基準数量
500型 φ300内外(200〜400),アンカー長L500,
パネル□150×150
0.548m3/m2 12個/m2
800型 φ300内外(200〜400),アンカー長L800,
パネル□150×150
0.816m3/m2 12個/m2
 

ページの先頭へ▲


  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ