ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業工種別のご提案ビオトープ保護例

メダカに配慮したビオトープ

ビオトープとは biotope
ビオトープとは、ドイツから日本に紹介された言葉でギリシャ語のBio(生き物)とTopos(場所)からつくられた合成語(biotop)です。「生物の生息空間」という意味を持ち、よく耳にするようになりました。
ここでは、弊社製品であるストーンネット、ラップストーンを使用した場合のメダカの棲める生活環境の復元についてご紹介いたします。
  ビオトープ池 野鳥の森
神奈川県 野鳥の森
ストーンネット
メダカの棲める生息環境について
メダカオス
・尻びれが幅広く平行四辺形をしている。
・背びれに切れ込みがある。
メダカメス
・尻びれが幅狭く三角形にすぼんでいる。
  メダカは、誰もが幼いころ耳にした事のある『メダカの学校』という歌にもあるように、日本で最も有名で馴染みある魚です。全国でいろいろな名で呼ばれ、その呼名がこれほど多い魚は他にはありません。北海道を除く全国に生息しており、5000以上の地方名があると言われています。多様な地方名の理由は特に子供たちの魚取りの相手として長い間親しまれてきた証だと言われております。近年個体数が激減しており、1999年に絶滅危惧種に指定されました。

地方名:アビラコ・ウスキ・カンコロ・コメンジャコ・ザコ・ジャコ・メンパチ、他
(メダカにはウナギやコイ等のように、食用の価値が無かった為に共通の名前を付ける必要がなかったという説もある。)
 
メダカの暮らし
冬のあいだ泥の中などでじっとしていたメダカたちは、春を迎え水温の上昇とともに泳ぎだし、しだいに水面付近で大きな群れをつくります。昼の時間が夜の時間より長くなり、水温が15℃を越えると産卵を行い、およそ20〜30個の卵がメスのお腹にぶらさがります。細い糸がついている卵は水草にからみつき、およそ2週間で孵化します。孵化直後は5mmほどですが、早いものでは4ヶ月ほどで卵を産み始めます。秋になり水温が13℃前後になると動きが遅くなり産卵も止まります。秋が深まるとメダカたちは大量にエサを食べて冬を迎える準備をし、再び冬の眠りにつきます。
  メダカの暮らし
 
メダカの生息環境について
メダカは、湖や沼・河川下流の淀みなど止水や流れがとても緩いところを好み、流れの速いところでは生息することが出来ません。しかし、高温・塩分・汚濁などの水質条件の悪いところや汽水域や有機物の多い富栄養化した水域でも生息し繁殖することができます。植物性や動物性のプランクトン・藻や苔を食べ、エサに困ることもありません。また、川や池の水がほとんど枯れてしまっても、再び水がもどり溜まると姿を見せると言われるほど強い生命力を持っています。
メダカが減少した原因は、メダカが棲んでいた場所である川や水路が工事によってコンクリート製になり水の流れが速くなったため、冬眠のための泥床がなくなったため、産卵に必要な水草が減少したためと考えられています。
矢印

メダカが棲み続けるために望ましいビオトープ環境は

河床勾配を緩くし、粗度係数を上げ水の流れを緩すること,産卵場所である水草があること,冬眠の場となる泥床があること
 
メダカに配慮した水路の提案
メダカに配慮したビオトープ水路には、ストーンネットやログネット等の天然素材を活用した断面を提案します。自然石や木などの天然素材は粗度係数を上げ水の流れを緩くし、その表面には藻類やカビ等の生物膜ができメダカのエサとなります。また、その生物膜の中に棲むバクテリアや小さな生物が底生生物のエサとなり水質浄化にも働きます。さらに、護岸部に覆土を施すことで自然植生回復の場を提供し、水中においては水草(水生植物)の植生の場となります。水草がメダカの産卵場所となり、そこは絶えることなくメダカが棲むところになります。
産卵場所がなければ、たとえメダカを放流したとしても繁殖することが出来ず、増えることなく減少していくことになってしまいます。
 
グラフ 天然素材と人工素材の付着量比較
カニ   川虫

ビオトープ提案図

ページの先頭へ▲
 ビオトープ▲ 工種別のご提案へ▲

  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ