ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
河川・砂防・水路事業
 
home河川・砂防・水路事業工種別のご提案ビオトープ保護例

ホタルを育むビオトープ2

ビオトープとは biotope
ビオトープとは、ドイツから日本に紹介された言葉でギリシャ語のBio(生き物)とTopos(場所)からつくられた合成語(biotop)です。「生物の生息空間」という意味を持ち、よく耳にするようになりました。
ここでは、ホタルを保護する水路のご提案を致します。
  ビオトープ池 野鳥の森
神奈川県 野鳥の森
ストーンネット
ホタル保護水路・ブロック
護岸 妙参寺沼
群馬県 妙参寺沼

  コンクリート三面張り護岸に改修される等の生息環境の悪化により、ホタルが生息できる河川が全国で激減しています。このため、多くの自治体においては、「自然共生型川づくり」を行うことでビオトープ空間を回復させ、昔のようにホタルを呼び戻すホタル関連事業がすすめられています。
ここでは、「石張り護岸ストーンネット工法」が、ホタルの生息環境を保全することにおいても有効であることをホタルの生息条件を通して紹介致します。
ホタルが生息できる条件

ホタルを保護し、生息させる4つのビオトープ条件

1. 産卵できる条件であること。すなわち、産卵場所である苔類が繁茂していること。
2. 幼虫が生息できる条件であること。すなわち、餌であるカワニナの餌である珪藻類や水草類等があること。
3. 土繭を造ることのできる蛹化場所があること。
4. 成虫が生息できる条件であること。すなわち、休息の場所(樹木や草)があり、瀬や淵等変化に富んだ水路形態であること。

その他に、ホタルを保護する河川の水質条件として、工場廃水や農薬等の汚水が流入せず、水温,水量が安定しており、溶存酸素量(DO)が常に飽和状態に保たれていることなどもホタルの生息条件として挙げられます。

  ホタルを守る護岸 大深沢
岩手県 大深沢

岩手県 大深沢
岩手県 大深沢

ストーンネット工法の有効性
ホタルを守る護岸 大深沢
岩手県 大深沢

陸上部
ストーンネットの自然石間に現地発生土を覆土することで、植生が定着でき、また、ホタルが土繭を作りやすい環境を提供します。

水際部
自然石護岸であるため、ホタルの幼虫が上陸する時の足がかりとなります。日差しが弱い箇所や日陰では、自然石部に苔類が定着しやすく、ホタルの産卵場所を提供します。

河床部
幼虫の隠れ場を作るためやカワニナの餌である珪藻類が付着しやすくするために、河床部にもストーンネットを敷設します。自然石間に詰石を行うことで、更に良好な環境となります。


※この他にもストーンネット工法には、ホタルの生育に与える効果が様々あります。詳しくは、最寄の営業所またはコチラまで
 

ホタルにおけるビオトープ空間の特長

1. 自然石表面に苔類が付着しやすく、ホタルの産卵場所を提供できます。
2. 自然石を使用しており、餌であるカワニナの餌である珪藻類の繁殖を促進させます。さらに、水中部自然石間に礫を間詰することで、より一層の効果が期待できます。
3. 陸上部では自然石間に覆土を行うことにより植生が回復します。覆土部はホタルの蛹化場所となり、豊かな植生は交尾場所となるばかりか、日陰を作り苔類の付着を促進させます。また、コンクリートを使用しませんので、背面地山との水や空気の流通が行われ、植生に優しい環境を作ります。
4. 河川の蛇行や勾配の変化に柔軟に対応できるため、変化に富んだ河道を作ることができるため、休息の場所(樹木や草)をつくることが容易です。

ストーンネット断面図

ページの先頭へ▲
 ビオトープ▲ 工種別のご提案へ▲

  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ