震災復旧・復興関係工法のご紹介

  1. ホーム
  2. 震災復旧・復興関係工法のご紹介

東北の海岸を美しく復旧できる海岸の災害復旧や防潮堤(海側)には

エスタロック工法

特長

  1. 約70%が自然石で構成された海岸用ブロック。
  2. 名勝や景観重視の海岸復旧に最適です。
  3. コストは従来型コンクリートブロックと同等です。

下記の場合にお勧めいたします

  1. 被覆石では耐波安定性に問題がある場合
  2. 1~2t石が調達困難な場合
  3. 景観・環境に配慮しなければならない場合

従来型ブロックとの違い

ここがポイント
 通常のブロックは鉄製の型枠を組んでその中に生コンクリートを打設して製品を作ります。
 これに対しエスタロックは、自然石を型枠代わりにすれば景観や生態系に配慮した新しいブロックが出来上がると考え開発されました。
 このエスタロックの誕生により、現地の景観や生態系を極力壊さずに従来と同等の防災機能も兼ね備えた海岸保全施設をつくることが可能になりました。

詳細はこちら

生コン使用量が激減する道路擁壁 ブロック積の代替に

ラップブロック工法

特長

  1. 胴込・裏込コンクリートが不要なため養生管理が大幅に軽減
  2. 間知ブロックとほぼ同サイズのブロックが5個連結されているので施工がスピーディー
  3. 簡単に積むことができるため熟練した職人が不要
  4. 製品が湾曲に曲がるためカーブ施工が簡単にできます(調整コン等が不要)
  5. 経済性は直工費で間知ブロックとほぼ同等

詳細はこちら

震災復旧・復興関係工法に関するお問い合わせは

東北営業所
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-13-24 錦ビル6F
TEL: 022-267-1065 FAX: 022-267-1953
E-mail: sendai@kankyo-kogaku.co.jp