太陽光発電システムの開発と施工 [ソーラーエネルギー事業] - 環境工学は、長年公共事業で蓄積されたノウハウや信頼をもとに全て自社施工で工事を行うので安心です。環境工学だから安心です。

  1. ホーム
  2. 工法紹介
  3. ソーラーエネルギー事業
  4. システム構成:システム概要
  5. フラットソーラー発電システム
  • システム概要
  • フラットソーラー発電システム
  • ハイパワーソーラー発電システム
  • ソーラーカーポート
  • ソーラーバッテリーボックス
  • 価格はどれくらいかかるの?

フラットソーラー発電システム

環境工学がご提案するフラットソーラー発電システムは
安定した発電効率、デザイン性、耐久性に優れた薄膜シリコンハイブリッド太陽電池を搭載!

薄膜シリコンハイブリット太陽電池とは

薄膜シリコンハイブリッド太陽電池は、電気に変換できる光の波長(感度帯域)が異なるふたつのシリコン層を備えています。青色ラインのアモルファスシリコン層が短波長側(青色光側)を、赤色ラインの薄膜多結晶シリコン層が長波長側(赤色光側)の光を吸収し、電気に変換します。

GRANSOLA
薄膜シリコンハイブリット太陽電池は夏場の発電効率に優れているだけでなく、陰の影響も受けにくい構造となっており、良い事ばかりなのです!

独自技術のフラットソーラー発電システムが大きなメリットをもたします!

低角度フラット設置

薄膜シリコン(アモルファス)太陽電池は、太陽電池モジュールに配置された太陽電池が、影の影響による発電能力の低下が生じにくい形状になっています。
だから、設置間隔をあけない低角度(5度)のフラット設置により、屋根の隅々まで高密度での設置が可能。屋根面積を効率的に生かした発電を実現します。

太陽光の遮熱効果

太陽の直射日光を受ける真夏の屋根面は、外気温を大きく上回る高温状態になります。屋根全面への低角度、高密度設置が可能なカネカの薄膜シリコン(アモルファス)太陽電池は、モジュール面が直射日光を遮断。建物への熱侵入を防ぎ、冷房コスト削減に貢献します。

モジュール仕様

  • すぐわかる!実際どのくらいの費用がかかるの?
  • 工務店募集しています!0120-456-7890
  • あしたを支える。みんなで支える。太陽光発電の余剰電力買取制度
  • 環境ビジネス.jp http://kankyo-business.jp/
  • ソーラーパネル買取オンライン査定 http://kankyo-business.jp/