ヘッダー
会社概要 採用情報 サイトマップ
ヘッダー
新着情報枠 河川・砂防・水路事業枠 海岸事業枠 道路・土舗装事業枠 ソーラーエネルギー事業枠 お問い合わせ枠 HOME枠
ヘッダー
スペーサー
海岸事業 自然共生型の海岸保全施設の紹介
 
home海岸事業>エスタロック

■緩傾斜海岸護岸被覆工

緩傾斜被覆工、離岸堤工、突堤工、根固工、混成堤マウンド被覆工、人工リーフにエスタロック
スペーサー

自然石塊根固被覆

エスタロック工法とは、アンカー材を取り付けた自然石を型枠とし、コンクリートを打設する景観と生態系の保全と地球温暖化防止に配慮した『緩傾斜護岸被覆材』です。従来の被覆石では対応できなかった波高に対しても使用できます。



《海岸護岸用》 単体写真
緩傾斜堤エスタロック 単体写真

エスタロックの用途
用 途 緩傾斜護岸,離岸堤,突堤,根固,防波堤
混成堤マウンド被覆工,人工リーフ,等
  スペーサー  
■NETIS登録番号 KT-050101-A
スペーサー

●鋼製型枠が不要

被覆用石材を型枠として周囲に配置後、少量のコンクリートを打設するため、鋼製型枠が不要で、製作工程が簡素化・省力化でき、コスト縮減が図れます。

●耐波安定性効果
単体の比重(2.4〜2.5)が、コンクリート比重(2.3)に比べて高いため、優れた耐波安定性が得られます。

●耐摩耗性効果
単体は自然石で構成されるため、強固な構造となり、優れた耐摩耗性が得られます。

●生態系に配慮
自然石が構成する多孔質な空隙によって、豊かで多様な生態系の創出が期待できます。

●自然石の美しい景観
自然石が創出する安らぎのある修景効果が得られます。

●地球温暖化防止効果
自然石を多用に使用し、製造時に多くの二酸化炭素を排出するセメントの使用を最小限に抑えているため、地球温暖化防止策となるCO2の排出量削減に寄与します。
 
エスタロックの規格/数量
規 格 参考質量 (t) 形状寸法(cm) 参考比重
2t型 2.190 160×160×H50 2.53
3t型 3.150 180×180×H55 2.51
4t型 4.018 200×200×H60 2.51
6t型 6.110 230×230×H70 2.55
 
エスタロック 施工例
エスタロック 施工例1   エスタロック 施工例2
国交省 川内川河川事務所
川内川五社下地区災害復旧 エスタロック3t型
  沖縄県 北部農林土木事務所
辺土名海岸突堤工 エスタロック3t型
エスタロック 施工例3    
沖縄県 南城市役所
久高漁港 エスタロック4t型
   
 
新聞に紹介されました

自然石塊被覆工法のエスタロック工法が新聞投稿欄に掲載されました。

平成20年に沖縄県馬天港海岸の突堤工・潜堤に琉球石灰岩を使用したエスタロック4t型が採用され、工事完了後に地元住民の方が現地を訪れたときの印象を投稿されたものです。
近年の公共事業に対して厳しい目が向けられることが多いなか、地元の皆さんに賛同を得られる工法を提供できたことに私たちは勇気づけられるとともに、より一層の地球環境の保全と社会貢献に寄与しなければならないという思いを強くいたします。

2009年5月17日 沖縄タイムス 5面 「わたしの主張 あなたの意見」欄 掲載2009年5月17日沖縄タイムス 掲載記事


ページの先頭へ▲


  スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペース

Copyright 2003 kankyo Co.Ltd. Allright reseraved. スペース
新着情報  河川・砂防・水路事業  海岸事業  道路・土舗装事業  ソーラーエネルギー事業 
環境機器事業  お問い合わせ  会社概要  採用情報  サイトマップ